ゆいブログ

99

岡村さん矢部さんではありません
救急…
今日は救急患者さんが2件続けていらっしゃいました
年末はいつも何かありますが
やはり今年もありました
最初の救急患者さんは…
犬猫ではなく、なんと人間!でした
午後7時前後に当院の前を通った方は知っているかもしれませんが
その時間帯は
パトカーやら救急車やらが集まり
当院で事件が起きたかの様にごった返していました
実はその少し前に
突然、とある方が「道端で倒れてるから助けて下さい」と駆け込んで来ました
てっきり
野良の犬か猫さんかと思ったら
「おばあちゃん」でした
診療中でしたが
たまたま診療していた患者様が常連さんだったので
急遽、一時診療を中断して、飼い主様と「おばあちゃん」の所へ
どうやら「おばあちゃん」は
何処か遠方から一人でふらりと歩いて来てしまい
途中で疲れ果てて倒れ込んでいた所を、
通り掛かった方二人に保護されたみたいでした
かなり高齢(なんと94歳!)で耳も遠く、衰弱していて会話もままなりません
「家まで歩いて帰るわ」と言っていたのですが
家もまともに分からない状況だったので
すぐに警察に連絡して来て貰いました
そうしたら、なんと、捜索願いが出されていた事が分かり
しかも一宮のかなり北の方からでびっくりでした!
ご家族の方が来るまで、寒い外に居てもらう訳にはいかないので
当院の待合室をお貸しして、皆で衰弱した「おばあちゃん」の手当てにあたりました
…が、段々容態が悪くなっていき、しまいには横になってしまいました
急遽、警官の方に救急車を呼んでもらい
少しして、ご家族と救急車が到着して
無事、病院へ搬送されました
パトカーやら救急車が当院の入り口に居たので、入って来れなかった患者様が、いらっしゃっていましたら申し訳ありませんでした
ご迷惑をおかけ致しました!
そして、一緒に手伝ってくれた飼い主様(菊ちゃんママ)、通り掛かりのお二人様、
ホントにお疲れ様でした!!
皆で力合わせたからこそ無事に済んだと思います
まさに「ゆいま-る」(助け合いの精神)でした!!!
…しか-し、今日はそれで終わりではなく
その直後に今度は、ワンちゃんの救患がいらっしゃいました
…全て終わった後は流石にぐったりでした