ゆいブログ

きゅうかんとえるれ

とてもありがたい事に

当院は宣伝活動を一切していないのですが
患者様の紹介と口コミがメインで

ここ数年、診察件数は毎年増加傾向にあります。

それに伴い
セカンドオピニオンや
重症や困難な病気の相談を受ける事も
年々増えているのですが

そういった場合

①出来る限り早目に、事前に連絡(電話、メールでも可)を下さい。
②経過をまとめて、メモ紙等に記載してお持ち下さい。
③検査結果の資料を、あるだけ全てお持ち下さい。

上記の事を準備した上で
来院して頂く事をお願い致します。

直接来院されるケースが多いのですが

そうすると
今までの経過を全て聞いて
使用している薬剤を調べたり、検査等をすると

どうしても、相当な時間がかかってしまい

他の患者様も長時間待たせてしまう事になります。

事前に御連絡頂けると
予約診療という形で
通常の診療時間外で診療させて頂く事も考慮致しますので
どうぞ宜しくお願い致します。

それと同時に急患も年々増加しています。

肺水腫
尿道閉塞
交通事故
重積発作
骨折
胸水貯留疾患
咬傷等の大きな外傷
緊張性気胸
低血糖
などなど…

種類を挙げたらキリが無い位
様々な病気の患者様が来院されています。

当然、生命に関わる様な重症な急患を優先的に診療致しますので
一般の外来診療患者様には一時お待ち頂く様にしています。

最近やたらと急患が多いので
多くの常連飼い主様が、その為
長時間お待ちになっている経験がお有りかと思います。

ただ
そこで問題になるのが
2件、命に関わる様な急患が来院された時
どう対応するかという事です。

以前はそんなケース、滅多に無かったのですが
ここ最近、立て続けに遭遇しています。

この場合、当然、来院順に対応する事になりますが

それでも
もし、先の急患を対応していて手が離せない間に
もう1件目の急患の状態がとても危険な場合

他の対応できる病院で診てもらう事をお勧めする事があります。

また
これも稀にあるケースですが
ほぼ同時に2件来院された場合

その場合はどうしても
新規の患者様よりも
当院が「かかりつけ」で治療歴がある患者様が優先になります。

命を救う為なら、一つの病院にこだわる必要は無いと思っています。

どうしても
当院の様に、獣医師一人では行える事に限界があるのは
どうぞ御理解下さい。

そういえば
最近音楽関係の事に全然触れていないので
久々に音楽ネタです。

すっごい前で今更ですが
やっと復活しましたね
皆大好き「ELLEGARDEN」!

今年もフジロック等、色々なフェスにも出演しますね。

自分は青春時代
BRAHMANとエルレの音楽でほぼ毎日過ごしました。

あまりに聴き過ぎて
ずっと頭の中のBGMで鳴っていたのが彼らの音楽。

活動休止はあまりにショックすぎて
10年間毎年毎年、細美さんの言葉を信じて待っていました。
(MONOEYES結成した時はエルレが遠のいたと思いましたが)

なので
活動再開を知った時は
多くの全国のファンが同じ気持ちだったと思いますが
本気で生きてきて良かったとさえ思いました。

…しかしっ!
活動再開ライブ、3度も抽選に外れてライブに行けてないんです。
なんで、全く実感湧いてないのが現実です。

まあ、フェスにも出てるし
これからまだチャンスはあると信じています。

画像にアップしたのが
2003年、2004年に発売されたアルバムの初回特典ステッカーです。
バンドステッカーコレクターでもある自分の大切な宝物です(*^。^*)